間違えないコーディングを目指すSublime Text3の不可視文字の設定方法

コーディングやプログラミングをする上で間違いはゼロにしたいですよね。
人間が書くものなので一発目でゼロにするには中々難しいんですが、極力ゼロに近づける方法はあると思います。

その一つの方法として「不可視文字の設定」があります。
コーディングしていて間違いやすいのが、スペースを全角で入れてしまっていたという事。
基本目に見えないのがスペースやタブなので、これを見えるようにしておくと間違いも減らせるという事なんです。

というわけで、Sublime Text3で不可視文字を表示する方法をご紹介します。

不可視文字を一時的に表示

まずは一時的に表示する方法です。

これは普通のHTMLです。

マウスでコードをドラッグして選択すると、このように不可視文字が見えるようになります。

「・・・」の部分がスペースで、「—-」横線の部分はタブを表しています。

不可視文字をずっと表示

次に不可視文字をずっと見える状態になるよう設定します。

メニューバーから「Preferences」→「Settings」をクリックします。

別ウインドウでテキストファイルが表示されます。

{
	"color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Monokai.tmTheme",
	"ignored_packages":
	[
		"Vintage"
	]
}

そこにコードを追記していきます。
このコードを追記してください。

"draw_white_space": "all",

{
	"draw_white_space": "all",
	
	"color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Monokai.tmTheme",
	"ignored_packages":
	[
		"Vintage"
	]
}

追記したら保存して閉じておきましょう。

不可視文字が常時表示されるようになりました。

コーディングで間違いやすいポイントがスペースやタブの表示だったりしますので、見える化する事で少しでもミスを減らす事ができますね。

記事が気に入ったら
テクログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Tech Log | テクログ

関連記事

  1. コーディングで見間違えやすい()カッコをSublime Text3で見やすいフォントに設定変更

  2. Sublime Text3をより使いやすくカスタマイズ おすすめパッケージのインストール

  3. 圧倒的なビジュアル力でセルフブランディングができるブログが作れるWordPressテーマ「IZM」

  4. Photoshopでふんわり柔らかな透明感のある印象に仕上げる写真加工

  5. Photoshopのクリッピングマスクで簡単に作れる 草の上に自然に配置した木材柄テキスト

  6. Photoshopで木の板に焼き印をしたようなロゴの作り方

  7. Photoshopで女性の写真をファッションデザイン画のように作成する方法

  8. やっちまった・・・fotoliaのダウンロード数が残っているのに課金をストップするとこうなる

  9. クマのぬいぐるみ写真を使ったレトロ風イラストの作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転職テクニック

  1. 内定が3ヶ月から1ヶ月に短縮 転職エージェントを使うほど仕事探しが格段にラクにな…
  2. 転職エージェント「サポタント・ワークポート・パソナテック」の登録から面接までの流…
  3. アラフォーの私が実際に内定を取るまでに使った転職エージェント7選
  4. アラフォー男が内定を勝ち取れた 転職エージェントを使うメリット
  5. アラフォーが内定を勝ち取った面接テクニック 簡単だけど難しい?笑顔の効果
  6. アラフォーが内定取るまでにかかった時間 後から焦らない為にご注意を!
  7. アラフォーで内定を取って気付いた転職活動で大事な事
  8. 心と体のズレが出てくる一週間。理想の生活習慣について考える 活動記録 其の3
  9. まずは転職に向けて派遣登録申し込みと情報収集 活動記録 其の2
  10. アラフォーで転職せざるを得なくなった男の活動記録 其の1

人気記事ランキング

PSテクニック

オススメテクニック

PAGE TOP